Tuesday, August 17, 2010

Chopin!

今年はショパンとシューマンの生誕200年記念に当たる年。
ピアノ弾きにとっては、どちらも本当に個性的で面白い作曲家。
特にショパンは日本人の大のお気に入り。

モーツァルトの手紙は有名で本として読んだことがあったけど、
ショパンの手紙が出版されていたとは知らなかった!


手紙ってその人となりが見えてきて、面白い。
ショパンって繊細で、プライドが高くて、クールなイメージがあるけど、
どんな人物だったのか、どんな手紙を出していたのか、気になる。。。
もっとも、書かれた原語で読めれば最高だけど、私はポーランド語も
フランス語も読めないから、英語訳で代用。

でも、とっても気になる一冊。

もう一冊、気になる面白そうなのが、同時代の作曲家リストが書いた「Life of Chopin」という本。


ロマン派時代の作曲家が書いたものだから、フィクション入り???なんて
思ったりもするけれど、こちらも気になる本。。。
ああ、きりがないなあ。

Thursday, August 12, 2010

西洋音楽史の勉強に役立つ本。

音大に通ったら、絶対必須の授業になる音楽史。
音楽の歴史、といっても、ただ作曲家と曲を覚えれば良い、
なんて訳にいかない。

今の時代を見てもそうだけど、
時代の流れと音楽の流行というのは、結構密接に絡み合っている。
例えば、1960年代のヒッピーと、フォーク、みたいな。
(例えが古いか。(笑))

音楽史を学ぶ時、一緒に読んでみたら良いと思うお薦めの本がある。
それが、こちらの本。
最近読んでいるのだけれども、面白い。
参考書のように利用中。(笑)



それぞれのページの下にはキーワード説明があって、
分かりやすく解説してある。
アマゾンのサイトには、「なか見!検索」が出来るから、
チェックしてみてください。
かなり便利な本ですよ〜。