Sunday, June 27, 2010

バロック時代の勉強に役立つ本!

日本でルネッサンス、バロックの音楽といえば、この方ほど有名な方はいないのでは???
それが皆川達夫教授。
最近、皆川先生の図解雑学:バロック音楽の名曲という本を読んだ。
まさにバロック時代の音楽の導入編には持ってこい。
絵や図解がいっぱいで、内容の解説もポイントだけをついていて、理解しやすい。
これがその本。参考となる曲が入ったCD2枚組付き。

 中身だが、例えば、ヴィヴァルディではこんな感じ。
どんな仕事を成し遂げた人物か、という話に加え、略式年表、そして
彼が40年にも渡って音楽監督を務めたピエタ養育院でのコンサートの
コンサートの様子が描かれた絵が紹介され、その雰囲気をよりリアルに
感じることができる。
 また、CDに挿入されている曲の解説は、曲を聴きながら特徴をつかめるように
こんな感じでまとめられている。
リトルネッロ形式などのことばの説明も分かりやすい言葉で説明されてある。
バロック時代を勉強しないといけないけれど、いまいち分かりづらいし、苦手。。。
なんて思っている人には、お薦めしたい一冊です。

No comments:

Post a Comment